密やかな口づけ (幻冬舎文庫)

2.63
  • (3)
  • (3)
  • (15)
  • (16)
  • (4)
本棚登録 : 144
レビュー : 15
つづきさん 小説(国内)   読み終わった 

娼館に売り飛ばされ調教された少女。大きい胸をもてあましている女性。不倫の恋人に飽いて、高校生に惹かれていく病院受付の女性。SMの世界に足を踏み入れてしまった地味なOL。湯船の中で前日の甘い記憶を思い出しながら一人で楽しむ女性。生徒と関係を持ってしまうピアノ講師。様々な形の愛が描かれた気鋭女性作家による官能アンソロジー。

宮木あや子さんの作品が収録されていたので読みました。静かな狂気って感じで面白かった。官能描写も相変わらず丁寧で妖艶で、読んでいてドキドキします。
中島桃果子さんの作品は、文字だけが上滑りして内容が全く頭に入ってこず読んでいて苦痛でした。

レビュー投稿日
2014年5月8日
読了日
2014年4月8日
本棚登録日
2014年4月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『密やかな口づけ (幻冬舎文庫)』のレビューをもっとみる

『密やかな口づけ (幻冬舎文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『密やかな口づけ (幻冬舎文庫)』につづきさんがつけたタグ

ツイートする