日本人は「やめる練習」がたりてない (集英社新書)

3.67
  • (3)
  • (7)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 90
レビュー : 9
著者 :
JJさん  未設定  読み終わった 

「そうそう、これが言いたかった!」が詰まった一冊だった。私はマレーシアではなくアメリカに住んでいたけど、本著に書かれていることの多くにかなり似た思いがある。他の国の方の意見もぜひ聞いてみたいと思った。

日本にいると失敗ができない、多数派から外れることができない、20点を取っても150点を取っても100点でいることを求められる…それは、いくら本人が望まなくても周りが望むから。
だけどその考えが基盤にあると挫折は悪になって、挫折しそうな芽は始めから摘まれてしまう。するとなにかの拍子に誤って実際にエラーや挫折を経験したとき、本人も周りも対処できなくなってしまう。仮に本人が平気でも周りが過剰に反応する。受け皿を増やす必要があると思う。

日本がダメで外国が優れているというわけじゃない。日本のモノとサービスはやはり完璧。だけど今の社会は、あまりにもみんな完璧であろうと頑張りすぎているから(無理矢理に努力させられているという表現の方が正しいかもしれないけど)。
少し肩の力を抜いてもいいんじゃない?と提案してくれる本作、頑張りすぎて少し疲れてしまった方に読んでもらいたい。

レビュー投稿日
2019年7月21日
読了日
2019年7月20日
本棚登録日
2019年7月20日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本人は「やめる練習」がたりてない (集...』のレビューをもっとみる

『日本人は「やめる練習」がたりてない (集英社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする