それでもこの世は悪くなかった (文春新書)

3.45
  • (7)
  • (19)
  • (26)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 196
レビュー : 25
著者 :
ワニさん 佐藤愛子   読み終わった 

著者が人生・幸福・死について語る。幸福は苦労の上に在るもの、だとか、損があればあとに得がくるという考え方が面白い。とくに印象的だったのは、最後5ページ、死後の世界のこと。物質主義の現代で精神的な事柄を語る点が興味深かった。佐藤愛子さんの他の本も読みたくなった。

レビュー投稿日
2017年8月11日
読了日
2017年8月11日
本棚登録日
2017年8月11日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『それでもこの世は悪くなかった (文春新書...』のレビューをもっとみる

『それでもこの世は悪くなかった (文春新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする