偉人たちのブレイクスルー勉強術 ドラッカーから村上春樹まで

3.40
  • (12)
  • (32)
  • (41)
  • (14)
  • (1)
本棚登録 : 330
レビュー : 43
著者 :
123456qazさん  未設定  未設定

むしろ大人こそ、身に付きやすくストレスの少ないやり方で効率的に学ぶ必要がある。

自分にフィットしたスタイルを確立してしまえば強い
自分にあった勉強スタイル→持続→ブレイクスルー(行き詰った状態を突破すること)

今の大学生 高校の延長感覚 そうさぼりもせず真面目だが、強烈に勉強欲のある学生に出会うことは稀

勉強に取り組む姿勢は生き方のスタイルに通じる→追求していく→大人の勉強のおもしろさ

齋藤先生 50歳近くになりチェロ 子供の時ピアノバイエルで挫折

勉強 自分の武器は何かをはっきり見定めて、それを有効に活かせた人が成功する。
☆学習法の確立→過去の分析、時間、集中できる場所
勉強も相性が大事→自分の特性とフィットしたやり方かどうかに無頓着すぎる。
過去の失敗したやり方→ヒント

苦手なことを投げてしまうのではない→自分は何をやり、何をやらないのか、その腹を据えていく→どう生きるか→勉強のスタイルは仕事のやり方、生き方のスタイル全般にも反映される。☆話し方教室

受験の経験は財産

ドラッカー 2004年は明王朝時代の中国美術に取り組んだ。3年ごとのプロジェクトも立てている。
TOEICは年に8回もある→先延ばし可能→自分自身への甘さ、ゆるさ、自己管理のルーズさが上達を阻んでいる。
具体的なアクションプラン ①目標③期限③実現に向けて具体的に調整 目標はよく見えるところに書いておく。

物事の本質をえぐるネーミング 「マッキンゼーを何と読んだらいいだろう?」→「経営コンサルタント」
みんなが曖昧なものとしてとらえていることに対して、いち早く名付けして、概念提示する。

本田宗一郎 学校に行っていないからこそへんなプライドに邪魔されず裸になって人に教えを請うことができる。
東京 アート商会 浜松高等工業高校夜間部特別聴講生
「卒業証書なんて、映画館の入場券ほどの価値もない。私は仕事を成功させたくて学校へ入ったんだ。免状をもらっても、仕事の問題を解決し、食っていけるという保障にもなりはしない。映画の切符なら映画を絶対に見られるという保障がある。そっちのほうがずっとましだ」
教えを請うために全国各地に押しかけ受講の旅へ

人間は困らなくてはダメだ。絶体絶命に追い込まれないと、本当の力なんて出ない。やろおうと思えば大抵のことはなんとかできるものなんだ。

常に自分をレディ(ready)の状態にしておくことで意識が目覚めて、反応がよくなって、やる気が出る。
自分から感化を受けに行く☆話し方教室

楽天三木谷社長 留学して学んだことをどう自分のアウトプットに活かすのか。
→アウトプットの舞台をどこにおくのか。

吉田松陰 飛耳長目(ひじちょうもく) 観察力や情報の収集力があり、見聞が広くものごとに精通していること
実体験しなければ、自分で考えてものを言うといったことはできない。自分の意思がいえなくなっていくのは、自分のからだを関わらせて経験をしていないからでもある☆恋愛

渋沢栄一 商売は卑しいことだという考えが普通だった時代 近代実業界の大立役者
当時の日本では、論語の教えと経済活動とは対極にあるもの

実業に転じる決断をした時 官僚仲間「賤しむべき金銭に眼がくらんで商人になるとは何事だ。官にあって国家のために尽くすべきだろう」→「人間の勤むべき尊い仕事は到る処にある。官だけが尊いのではない」
論語と経済活動は相容れないものではない→むしろ合一させるべきもの

筆者…大学の授業の課題 先生になったつもりでホームルームで論語から引用した話を3分
精神的な支柱がない人→論語、古典によりどころを求めるのもよい

シャネル みじめだった少女時代の心の傷 孤児院で育った。→負の遺産にしない
黒と白 孤児院で着せられた→黒と白の美しさを誰よりも知っている。

ドミトリー大公と付き合う→香水シャネル5番
華やかな交友をしながらも、シャネルは一人で自分を見つめ直し、本を読む時間も大切にした。
鏡を見ることで自分を客観的に見つめ直すことを習慣にした。→顔やスタイルを見ているのではない→自分自身がどういう存在の仕方をしているのかを考えるために鏡を見る。

シュリーマン 語学の達人 ホメロスの叙事詩イーリアスとオドュッセイアを完璧に頭に入れる→登場する地形により素人ならではのアプローチ

筆者…強い言葉ではっきり指摘する先生→ガツンと言われてそれをバネにする負けず嫌いのタイプの生徒が集まる→いい悪いではなく、向き不向き

大英博物館 10時から6時まで研究 カール・マルクス G-8席

佐藤優「国家の謀略」 新聞スクラップを無駄と考え、データベースに頼る傾向が強まっているが、一級の情報専門家は例外なく自らの手で切り抜きを行っている。→記憶の定着が圧倒的に高い☆ブクログつくりも役立つはず

数学 鉄板テキスト周回学習法 重要問題集を10周する→1回目 分からなければ解答見ながら→2回目 「1周しているはずなのに」→もう嫌になる→だから、「5周、10周する必要がある」

レビュー投稿日
2015年11月12日
本棚登録日
2011年5月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『偉人たちのブレイクスルー勉強術 ドラッカ...』のレビューをもっとみる

『偉人たちのブレイクスルー勉強術 ドラッカーから村上春樹まで』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『偉人たちのブレイクスルー勉強術 ドラッカーから村上春樹まで』に123456qazさんがつけたタグ

ツイートする