見える化-強い企業をつくる「見える」仕組み

3.40
  • (42)
  • (84)
  • (172)
  • (20)
  • (9)
本棚登録 : 902
レビュー : 93
著者 :
123456qazさん  未設定  未設定

2005年10月発行
見える化・可視化・目で見る管理

トヨタの課題は?→社長「成長しているときは問題点が潜在化。開発、調達、生産、販売など各部門が抱えている兆候を見える化し、何が足りず何を補強すべきかを明確にする」

クレーム、失敗→悪い情報を見える化

レベルの高い現場力①ルーチンだけでなく、現場で発生する問題を当事者として解決しようとする強い意志②現場に携わるすべての人が重要性を理解③単に改善行動を行うのではなく優位性にまで高めようとする強い意志

問題とは何か?→本来こうなっていなくてはならない状態とのギャップ 高次元・低次元あり

火事を目撃→的確に荷物運搬、避難誘導 視覚は行動を引き起こすトリガー

×さまざまな情報をオープンにすれば見える化→実際は相手が見ようとする意思
○相手の意思にかかわらず目に飛び込んでくる状態

よくある勘違い①クレーム→悪い情報、見せたくない情報が見えないで放置
②組織として見ていない
③タイムリーに見ていない
④伝聞情報しか見えていない

野球 思考のゲームの側面を引き出すためにスコアボードによる見える化が不可欠

失敗例
①クレームをデータベース→管理職以上が常時チェック ○クレーム情報を印刷し掲示板へ
②数値を過信→数値はいじることが可能 トヨタ→現地現物
③IT偏重の傾向 簡単でもわざわざサイトへ見に行かない

問題の見える化①異常②ギャップ→基準、計画を現状を測定③シグナル④真因⑤効果

知恵の見える化①ナレッジマネジメント☆洗濯機のホース接続部品、ロッカーのハンガー掛け部品

工場の発想=稼働率優先、在庫はさばける→不良在庫を工場へ→意識改革へ有効
自動車販売会社の垂れ流し情報→調査、カタログ、価格表→紙の山を一緒に見てことの重大さを認識

キヤノン セル生産(一人から数人のグループが取り付け、組み立て、加工、検査の全行程) 作業の自国を実績として記録→部品の配置を変えたら○分早くできた。

シマノのキャラバン隊 全米6,000店の小売店 二人一組で各地を回る→販促ではなくクレーム処理、製品紹介、情報収集→こんな壊れ方をするのか!→よく調べたな!

属人的なノウハウを見える化するには?

よい見える化→気づき、思考、対話、行動を生む。

見える化を犯人探しにしない

レビュー投稿日
2017年1月31日
本棚登録日
2011年11月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『見える化-強い企業をつくる「見える」仕組...』のレビューをもっとみる

『見える化-強い企業をつくる「見える」仕組み』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『見える化-強い企業をつくる「見える」仕組み』に123456qazさんがつけたタグ

ツイートする