すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)

3.97
  • (73)
  • (129)
  • (56)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 1022
レビュー : 126
著者 :
Stephanieさん  未設定  読み終わった 

「3つのタグで自分の価値を上げよ」の章は心に響いた箇所がたくさんあった。過激な題名の本ではあるが、なるほの自分の無意識下で洗脳されていた、また自身を洗脳していたんじゃないかと思うこともあった。
「やればいいじゃん」って気楽な一言。でもそれって自由を後押ししてくれる一言でありながら自己責任が付いてくるものだからちょっとした覚悟も必要だな、と思う。そこが堀江さんとその他の違いなのかな?

レビュー投稿日
2019年6月30日
読了日
2019年6月30日
本棚登録日
2019年6月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『すべての教育は「洗脳」である 21世紀の...』のレビューをもっとみる

『すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする