ガッチャ!

4.38
  • (6)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 8
れもんさん YA   読み終わった 

「ガッチャ!」とは「ヤッタ!」、イタズラ大成功!みたいな意味。
酔っ払って車を運転して事故を起こした16歳のアレックスへの罰は、老人ホームでの奉仕活動。
彼の担当となった入居者は、気難しくて暴言を吐くソルという老人だった。
思い病に罹ってもおり、アレックスには手におえなかった。
ある日学校からギターを持ったままソルのところに行き、治療を待つ間に練習をしていたら、いつの間にかソルがギターに耳を傾けていた。
どうやらギターで仲良くなれそうだ。

アレックスの両親の離婚問題、幼なじみのローリーとの恋、彼女の母親との確執、ソルの悲しい過去。
タイトルと表紙デザインからは、ちょっとイメージしにくい物語でした。

「たいていの両親は子どもを愛している。子どもがどれほど怒ろうと、子どもがなにを言い、なにをしようと。
たいていの両親は子どもを愛していて、幸せになるため、やりなおすチャンスをあたえられるべきである。」(本文より)
ソルとの関係から、アレックスが学んだことです。

そして母親とややこしくなっている彼女にもアドバイスし、アレックス自身も行動をおこしました。
この行動をおこすことが、大人になった自分でさえも難しいことです。
それをやろうと決めた16歳の少年に感動しました。
最後にもう一回感動の波がおしよせます。
ウルウルします。

レビュー投稿日
2008年2月28日
読了日
2008年2月28日
本棚登録日
2008年2月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ガッチャ!』のレビューをもっとみる

『ガッチャ!』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする