優しい音 (文学の散歩道)

3.60
  • (2)
  • (7)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 8
著者 :
制作 : せきね ゆき 
れもんさん YA   読み終わった 

今までは常にその他大勢の中にいた千波が、中3になって、クラスで1番人気の澄香に声を掛けられ、目立つグループに所属するようになった。
けれども千波にとって、そこはそんなに居心地の良いものではなく、長く居られる所でもなかった。
図書委員に立候補し、委員長になって全校集会で目立ってしまってから、周りの友だちが離れていってしまったのだ。

教室の中での孤独に耐えていた千波に、見知らぬ人物から励ましのメールが届いた。
誰かは分からないまま、千波は次第にその人物に心を開いていく。

中学生女子の友だちとの関わり方って、ムズカシイね。
表紙が残念・・・。

レビュー投稿日
2010年3月4日
読了日
2010年2月28日
本棚登録日
2010年2月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『優しい音 (文学の散歩道)』のレビューをもっとみる

『優しい音 (文学の散歩道)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする