シャーロック・ホームズとサセックスの海魔 クトゥルー・ケースブック (ハヤカワ文庫FT)

  • 早川書房 (2023年11月21日発売)
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 1

正典である『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』によるとホームズが隠遁した場所は「サウス・ダウンズの小さな農場」となっており、原作にあるそういった記述と祖語がないようにある程度舞台や登場人物、年代は準拠して書かれています。タイトルの通り、全体を通して海の悪魔シー・デヴィルとの戦いや、海上での旅など「海」にまつわる冒険が多く、いわゆる隠れた精神(ヒドゥン・マインド)はホームズの精神を執拗に悩ませているものの、相変わらず二人とも元気いっぱい。ホームズは持ち前の推理能力や口車、たまにバリツを、ワトスンは人柄の良さと解説の上手さを活かして(正直もうちょいワトスンが活躍してるところを見たかったぞ)危機を切り抜けていきます。
ホームズ×クトゥルフという意外な組み合わせではありましたが、どちらの世界観も大事にしており、相乗効果によって大変楽しい出来となっているのでおすすめのシリーズです。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2023年12月6日
読了日 : 2023年12月6日
本棚登録日 : 2023年12月6日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする