ゴールデンスランバー (新潮文庫)

4.11
  • (2571)
  • (2720)
  • (1295)
  • (196)
  • (46)
本棚登録 : 22631
レビュー : 1706
著者 :
麻悟さん  未設定  読み終わった 

首相を暗殺したのが誰なのか、なぜ青柳が犯人にしたてあげられたのか等、真相部分は一切解明されない。
あくまでも、青柳がこの状況からいかに逃げ延びることが出来るか に焦点を当てて書かれた作品。でも、一切の謎解きがなくてもその逃走の過程が楽しめました。
最後の「たいへんよくできました」を目にした時は何だかすごく嬉しくなった。

レビュー投稿日
2013年12月2日
読了日
-
本棚登録日
2013年12月2日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ゴールデンスランバー (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『ゴールデンスランバー (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ゴールデンスランバー (新潮文庫)』に麻悟さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする