農的幸福論 藤本敏夫からの遺言 (角川ソフィア文庫)

制作 : 加藤登紀子 
  • 角川学芸出版 (2009年4月25日発売)
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 1
5

藤本敏夫とは、森山良子と共に今や数少ないきちんとした社会的な面も含むメッセージ性を持った歌手の加藤登紀子が、獄中結婚した相手の元全学連委員長ということくらいしか知らず、その後たしかムツゴロウこと畑正憲のような活動をされてきたみたいに思っていました。

一応、私ごとき遥かに遅れてきた世代でも知っている名前の、最首悟や山本義隆や秋田明大や滝田修や、あっ、つかこうへいの『新・飛龍伝』では内田有紀が神林美智子という名の全共闘委員長役だったのですけれど、そういう中のひとりとしての認識もありました。

たしか2002年亡くなった年に、家の光から単行本が出たのを買いそびれていて、このたび文庫本で出たので購入。

読んでみてびっくりしました。1969年、今から40年も前から、環境汚染を・食の安全への不安を、何とかしないといけないということで活動され、1981年に千葉県鴨川市で「鴨川自然王国」という農業共同体を作って、日本の農業を変えようという実践をされて来たそうです。

あと、今回ほかのものも読んでみて、多いに嫉妬したことが一つありました。それは、彼が同志社大学で、我が溺愛する鶴見俊輔のゼミにいたこと。直接薫陶を得るなんて何てずるいんでしょう、悔しい!

生きていれば65歳。これだけ先駆的なことをされた方だから、まだまだもっと新しいことも不可能じゃなかったはずですから、いかにも58歳の死は無念だと思います。

記憶に残る言葉だらけですが、一つだけ・・・・

社会と歴史における自分の位置づけができれば、自分の役割が認識でき、アクションに移ることができる

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2009年5月8日
読了日 : 2009年5月8日
本棚登録日 : 2009年5月8日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする