夜のピクニック (新潮文庫)

3.84
  • (3158)
  • (3565)
  • (3826)
  • (422)
  • (96)
本棚登録 : 27506
レビュー : 2994
著者 :
どんふぁんさん  未設定  読み終わった 

2018年9月24日読了。恩田さんの本屋大賞の作品。先に蜜蜂と遠雷を読んでいたので、恩田さんの書き方をわかっていたけど、本当に情景を心情を表現するのが巧みだなぁと思った。詳しく細かく書いてくれるから、読者を掴んで離さない。高校生の歩行祭の様子を書いた作品なんだけど、普通とは違った夜も同級生達と歩くということで、心がうちとけていき、互いをさらに知っていく感じが、トークをしているだけなんだけど、幅を持って書かれていた。私も歩行祭を楽しんだ。融と貴子のことは特別にしろ、実際歩行祭を実施してもそれぞれに思い出が出来、特別な一日になるだろうと思う。素晴らしいイベントですね。実際にすると、足パンパン腰ガクガクで大変だろうけど。

レビュー投稿日
2018年9月24日
読了日
2018年9月24日
本棚登録日
2018年9月24日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夜のピクニック (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『夜のピクニック (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする