本屋さんのダイアナ (新潮文庫)

4.18
  • (172)
  • (192)
  • (76)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 1636
レビュー : 169
著者 :
はむのすけさん  未設定  読み終わった 

大穴と書いて、ダイアナちゃん。その友達の彩子ちゃん。
小学三年生の二人、可愛かったー!
可愛すぎー!癒されるー!って何度心の中で叫んだことか!

そんな可愛い二人が、卒業前に絶交しちゃって、中学、高校、大学、就職とそれぞれ悩みながらも成長していく。

自分にかけられた呪いを解くのは自分しかいない。二人ともちゃんと呪いを解いたんだね。

読書好きな女の子にお薦めしたい本でした。

ずーと昔に読んだ赤毛のアンをまた読んでみたくなりました。

レビュー投稿日
2017年2月18日
読了日
2017年2月18日
本棚登録日
2017年1月30日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『本屋さんのダイアナ (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『本屋さんのダイアナ (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『本屋さんのダイアナ (新潮文庫)』にはむのすけさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする