ケアの倫理とエンパワメント

著者 :
  • 講談社 (2021年8月30日発売)
3.97
  • (11)
  • (17)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 540
感想 : 24
4

「正義の倫理」との対立により「ケアの倫理」が導入され、文学におけるその表象と細やかに往復を繰り返しながらその概念の変遷と未来が描き出されている。オスカー・ワイルドから平野啓一郎までを「ケアの倫理」を軸として一気に批評。「ネガティヴ・ケイパビリティー」など鍵概念が反復されたり、各章のむすびに小括が設けられたりしていて、一般書としての読みやすさにも配慮されているところからも「現代性」を感じさせる。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年9月12日
読了日 : 2021年9月12日
本棚登録日 : 2021年9月12日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする