鋼の錬金術師(2) (ガンガンコミックス)

3.57
  • (521)
  • (277)
  • (1479)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 5243
レビュー : 124
著者 :
うらぐさん  未設定  読み終わった 

初読。例のシーンに至るまでの悲しい過程を知る。物語の中の出来事とはいえ胸が痛い。ストーリーは、エドや大佐をはじめとする国家錬金術師に仇なさんとする傷の男や、暗躍する謎の女など敵役が登場し始めたなといったところ。傷の男の目的はわかったものの、女の方はわからないままである。一体何が狙いなのか。また少年漫画らしく戦闘シーンは迫力があって良かった。少佐のキャラデザは見覚えがあるような(銀匙ファン並感)。刊行年的にはこちらが本家なのだが。
印象に残ったのは、ここまで穏やかだったアルが大声でエドに逃げなかったことを指摘した場面。一度失い今もなお真っ当な形で命を手にしていないからこそ、その大切さとそれに対する執着を人一倍みせるのだろう。
最後に、エドの身長はおいくつなのかしら?次巻も楽しみ。

レビュー投稿日
2019年2月7日
読了日
2019年2月7日
本棚登録日
2019年2月7日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『鋼の錬金術師(2) (ガンガンコミックス...』のレビューをもっとみる

『鋼の錬金術師(2) (ガンガンコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする