鋼の錬金術師(6) (ガンガンコミックス)

3.58
  • (510)
  • (239)
  • (1395)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 4883
レビュー : 115
著者 :
うらぐさん  未設定  読み終わった 

初読。兄弟と師匠の過去編、鋼の錬金術師が誕生する瞬間を見られる。兄弟は、一は全、全は一とはどういうことかを大まかに知る。錬金術とは何か、また錬金術師とは。理論だけでなく、タブーを介して触れることができるものがある。理論は現象の説明であり、タブーの中に真理への道がある?自分を指して「世界」や「真理」、また「おまえ」と呼んだあの存在を乗り越えられる時はエドに来るのだろうか?
マスタング大佐以下5名が中央に移動。ハボック少尉かわいそう。最後に強そうな人が初登場。
精神を鍛えるにはまず肉体からという考え、良いな。これからは私もそれをモットーの一つにして生活していきたい。
荒川弘先生、マンガばっかり読んでいてすみません。もっと勉強させてもらいます。先生の作品で。次巻も楽しみ。

レビュー投稿日
2019年2月10日
読了日
2019年2月10日
本棚登録日
2019年2月10日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『鋼の錬金術師(6) (ガンガンコミックス...』のレビューをもっとみる

『鋼の錬金術師(6) (ガンガンコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする