鋼の錬金術師(15) (ガンガンコミックス)

3.75
  • (475)
  • (250)
  • (869)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 4362
レビュー : 170
著者 :
うらぐさん  未設定  読み終わった 

初読。イシュヴァール内乱と、その最中に何が起きたかが明らかになる。私を含め、この物語を囲う読者たちの中で、戦争を現実で経験した者はよもや居るまい。そんな人々にさえ、本書は戦争の悲惨さを現実味を持って訴えかける。戦争の様子、現地の人々の心情、殺される以外に選択肢を持ち合わせていない人々がその選択肢を選ばされる瞬間。極く一部の者の目的のために武力を行使する者の様子も。ならば力を持つものが弱者に配慮し、僅かな犠牲が肯定されないが為に目的を持って行動することは、果たして許させざることだろうか。ノックスさんに言わせれば、これも安全圏からのもの言いでしかない。虐げられて、為すすべもなく一方的に生きる権利を剥奪される者がいるという事実は揺るがない。現実においても戦争は忌むべきものとされる一方、闘争の究極形態として容認されているように見受けられる。他の命を、自分が生きる為に奪うことをNGとするならば、普段私たちがその身を構成するために食べるものについてはどうだろうか。…
これ以上は語るまい。戦争について語るとキリがないし、何より私は本当の戦争を知らない。中尉も前置きとして、「主観でしか語れないけど」と言っていた。知らないものを、安全圏から自らの貧弱な語彙で飾り立て、さも俯瞰が出来ているかのように語るのは滑稽そのものである。
軍に従事した者たちの当時の様子や、特にホークアイとマスタングの経緯を知ることができた。平和な日常も、誰かの闘争のもと成り立っているのだと改めて気付かされる。カバーの作者コメントも心に残る。次巻以降も楽しみ。

レビュー投稿日
2019年2月12日
読了日
2019年2月12日
本棚登録日
2019年2月12日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『鋼の錬金術師(15) (ガンガンコミック...』のレビューをもっとみる

『鋼の錬金術師(15) (ガンガンコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする