二つの祖国(四) (新潮文庫)

4.34
  • (73)
  • (52)
  • (19)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 489
レビュー : 29
著者 :
Talking Headsさん  未設定  読み終わった 

仕方ないとはいえ、東京裁判の引用のくだりは冗長だと思う。
また、山崎豊子の作品に共通することだが、あまりにも主人公が生真面目すぎ不器用で、少し現実離れしているかなとも思う。
まあ主人公の中に葛藤があるから作品が面白くなるので、凡人のようにその場の雰囲気に流されるままならば作品にはならないのだろう。

レビュー投稿日
2017年9月18日
読了日
2017年9月18日
本棚登録日
2017年9月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『二つの祖国(四) (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『二つの祖国(四) (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする