中途半端な密室 (光文社文庫)

3.31
  • (32)
  • (106)
  • (204)
  • (37)
  • (7)
本棚登録 : 1150
レビュー : 126
著者 :
2006takahiroさん 探偵小説   読み終わった 

テニスコートで、ナイフで刺された男の死体が発見された。コートには内側から鍵が掛かり、周囲には高さ四メートルの金網が。犯人が内側から鍵をかけ、わざわざ金網をよじのぼって逃げた!?そんなバカな!不可解な事件の真相を、名探偵・十川一人が鮮やかに解明する。

レビュー投稿日
2018年6月15日
読了日
2017年6月25日
本棚登録日
2017年6月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『中途半端な密室 (光文社文庫)』のレビューをもっとみる

『中途半端な密室 (光文社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする