警官の紋章 (ハルキ文庫)

3.57
  • (45)
  • (167)
  • (162)
  • (20)
  • (5)
本棚登録 : 1120
レビュー : 109
著者 :
2006takahiroさん 警察小説   読み終わった 

北海道警察は、洞爺湖サミットのための特別警備結団式を一週間後に控えていた。そのさなか、勤務中の警官が拳銃を所持したまま失踪。津久井卓は、その警官の追跡を命じられた。一方、過去の覚醒剤密輸入おとり捜査に疑惑を抱き、一人捜査を続ける佐伯宏一。そして結団式に出席する大臣の担当SPとなった小島百合。それぞれがお互いの任務のために、式典会場に向かうのだが…。

レビュー投稿日
2018年5月30日
読了日
2017年9月19日
本棚登録日
2017年9月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『警官の紋章 (ハルキ文庫)』のレビューをもっとみる

『警官の紋章 (ハルキ文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする