偶然の祝福 (角川文庫)

3.37
  • (104)
  • (217)
  • (553)
  • (66)
  • (6)
本棚登録 : 2038
レビュー : 278
著者 :
momoさん 短編   読み終わった 

人間は全員クズだと豪語してはばからない私ではあるが、それでも人生のどこかで誰かに助けられた場面があったことは認めざるを得ない。いかに人間嫌いな私でも、たった一人で生きてきたわけではない。普通の人は助けてくれる人というのは家族であったり恋人や友達であったりするのかもしれない。だが極端に知り合いの少ない私は、いざというとき力になってくれたのは、赤の他人であることが多かった。通りすがりの優しいおばちゃんや、名前も告げずに去っていったサラリーマン。よくぞあの時あのタイミングで、と奇跡を信じたくなるほどありがたい助けもあった。
 たぶん、世の中はそいういうふうにできているのだ。不幸と幸福のバランスがとれるように、なんらかの物理的作用が働くに違いない。
 だから、用事が終わった後煙のように消えてしまってもちっとも不思議ではない。たとえそれが恋人であっても。役目を終えて舞台から降りただけなのだから。

レビュー投稿日
2015年9月2日
読了日
2015年9月2日
本棚登録日
2015年9月2日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『偶然の祝福 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『偶然の祝福 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする