審判―カフカ・コレクション (白水uブックス)

3.68
  • (17)
  • (19)
  • (34)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 219
レビュー : 19
制作 : Franz Kafka  池内 紀 
2012-0903さん  未設定  読み終わった 

日本語訳は買ったものの読まないまま放置してあった。英語で読もうとして途中で飽きてしまい、また放り投げた。今回、改めて読み直して、つっかえたり、分からないところは読み飛ばしたりしながらも読了。「城」、「失踪者」も似たような成り行きで読み終えた。

三冊の本は同時期に書かれたこともあり、似通った雰囲気を持っている。女性との関係、自分が何らかの事件に受動的に巻き込まれること、城や裁判など重要な組織の全体像が最後まで分からないこと、その割に細部はやたらに細かく描かれたりすること、など。

「審判」で特に印象的だったのは、大聖堂における出来事を綴った章。プラハの大聖堂を思い出した。

備忘録として。

レビュー投稿日
2011年9月28日
読了日
2011年9月28日
本棚登録日
2011年9月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『審判―カフカ・コレクション (白水uブッ...』のレビューをもっとみる

『審判―カフカ・コレクション (白水uブックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする