確りとした造りの本棚に気に入った本を数冊ならべるような、そんな人間に私はなりたい。

大人になるって言うのは、
子供の頃に思っていた様に、ハッキリと大人になるわけではなく、グラデーションの様になるものなんだと気付くことかもしれない。
ただ、「大人になれよ」ってのは大抵無視していいものだと思っている。

2020年8月3日

読書状況 読み終わった [2020年8月3日]
カテゴリ 漫画ー青年

通常盤帯付きの表紙素晴らしい。
美里の推薦状が非常によかった。良いクリスマスだね。

2020年8月3日

読書状況 読み終わった [2020年8月3日]
カテゴリ 漫画ー青年

川浜もいいよね。何気に優秀だし、二重にしてるあたりとか可愛い。
アメリカ編が多分完結。直継すげぇ濃いキャラだったな。あれに何か言い聞かせるのは無理だね。
それにして、謎のウィルスXと闘う様な漫画にならなくてほんとうによかった。

2020年7月27日

読書状況 読み終わった [2020年7月27日]
カテゴリ 漫画ー青年

モラトリアム感パナイな。
前半の食料自給率の話は確かに、率の出し方に恣意的なところがありそうでなんとも言えないな。
たくあん食べたくなるぜ。
結城が楽しみにしていた、ポン酒造りがストップしてマリーを迎えに、航空機を飛ばす。かなり勢いのある後半。

2020年7月26日

読書状況 読み終わった [2020年7月26日]
カテゴリ 漫画ー青年

ムトーがメインのビール編
飲めもしないのに、ビールを飲んでみたくなります!

2020年8月3日

読書状況 読み終わった [2020年8月3日]
カテゴリ 漫画ー青年

醗酵蔵で、日本酒、味噌と醤油の仕込みをするので、非常に蘊蓄が多い、だが、それが良い。

2020年7月26日

読書状況 読み終わった [2020年7月26日]
カテゴリ 漫画ー青年

このフランス編、ちょっと言葉は悪いですが、
ストーリーの組み立てがクソお上手ですね。
直保の能力に生かしどころといい、ギャグとシリアスのバランスといい。ほんとにツボ。
表紙もいい。限定版もいいけど。通常版も悪くない。

2020年7月24日

読書状況 読み終わった [2020年7月24日]
カテゴリ 漫画ー青年

メインでもなんでもないキャラが表紙
美里と川浜がまたしてもカッコいい。

2020年7月24日

読書状況 読み終わった [2020年7月24日]
カテゴリ 漫画ー青年

及川の態度に時代が出てるね。2020年には許されない反応な気がする。
美里と、川浜いい奴らだなぁ。先輩に欲しい。

2020年7月22日

読書状況 読み終わった [2020年7月22日]
カテゴリ 漫画ー青年

川浜かわいいね。
というか美里も2年だと思うとかわいい。

2020年8月3日

読書状況 読み終わった [2020年8月3日]
カテゴリ 漫画ー青年

オモロイな。
フィクションではあるものの、「春祭」のようなどう考えても無駄なことに一丸となって取り込めるのも学生の特権だなぁ。と思ったりした。

2020年7月19日

読書状況 読み終わった [2020年7月19日]
カテゴリ 漫画ー青年

なんというか、「お、おぅ」となった。

2020年7月18日

読書状況 読み終わった [2020年7月18日]
カテゴリ 漫画-歴史

兎に角よかった!
そして、ついにヴェルドラ復活かぁ。楽しみである。

2020年7月12日

読書状況 読み終わった [2020年7月12日]
カテゴリ 漫画ー青年

ストーリーの組み立てが非常にお上手。
ほんと、グッとくるわ。
ルオ・ジーと、シー・チアン以外は結局名前覚えられなかったけど。再開のシーンで熱くなり。暗黒森林の説明をするシーンでは、世界の見え方が変わり。最後のまで一気に読んでしまった。

2020年7月3日

読書状況 読み終わった [2020年7月3日]
カテゴリ SF

これは、1よりも断然面白くなってきた。
未だに名前の読みは覚えられないけど、そんなことは大した問題ではない。ルオ・ジーの呪文の効果とか、シー・チアンとの再会が楽しみすぎる。

2020年7月3日

読書状況 読み終わった [2020年7月3日]
カテゴリ SF

熱い展開だなぁ。登場人物紹介にも納得。
この巻には「One's Justice」と言う副題がついてますが、これがヒーロー物の少年漫画で出てくる辺りに時代を感じずにはいられない。

2020年7月3日

読書状況 読み終わった [2020年7月3日]
カテゴリ 漫画−少年

もう終わるのかと思ってたら、終わらなかった。
調べてみると、2020年12月4日発売の23巻が最終巻っぽい。
自分の悪意も他人にはどう見えているかは解らない。と言うのは面白い。

2020年7月3日

読書状況 読み終わった [2020年7月3日]
カテゴリ 漫画−少年

非常にスカッとする巻。
全体通してだけど、藤子・F・不二雄の「ミノタウロスの皿」同様、家畜とは?を考えさせられるな。

2020年7月3日

読書状況 読み終わった [2020年7月3日]
カテゴリ 漫画−少年

漫画を通して、スタジアムが揺れたのがわかった。
そしてタッツミーもカッコいいね。
クボちゃん。。。

2020年6月24日

読書状況 読み終わった [2020年6月24日]
カテゴリ 漫画ー青年

ダイバーシティの時代ではありますが、
3つぐらいだと、三国志的に対立しちゃうよね。
カネノカミが引いてた、草田も気になるが、
フクノカミのお願いも気になるね。

2020年6月24日

読書状況 読み終わった [2020年6月24日]
カテゴリ 漫画ー青年

安定の3人組。
ギャグあり、変態あり、アシリパさんの決意あり、叙述トリックの要素あり、でかなり楽しい巻でござった。

2020年6月21日

読書状況 読み終わった [2020年6月21日]
カテゴリ 漫画ー青年

漫画には静止画であるはずのコマを動かすための技法ってのが色々あるんだと思うけど、それを全く意識させず、読者にこのコマは止界で、このコマは普通の世界。この人は止人でこの人は動いている人だと認識させるってのがすごい。

2020年6月7日

読書状況 読み終わった [2020年6月7日]
カテゴリ 漫画ー青年

佐河変わっちまったなぁ。と前巻で言ってたけど
それどころの騒ぎじゃなくなった。
そして、貴文すごいな。いやなんと言うかすごい。

2020年6月7日

読書状況 読み終わった [2020年6月7日]
カテゴリ 漫画ー青年

佐河は変わっちまったな。
まぁ、元々知らんけど。
潮見と佐河の一瞬の思考が楽しい。

2020年6月4日

読書状況 読み終わった [2020年6月4日]
カテゴリ 漫画ー青年
ツイートする