ザ・チョイス―複雑さに惑わされるな!

3.55
  • (87)
  • (153)
  • (205)
  • (40)
  • (7)
本棚登録 : 1584
レビュー : 146
制作 : 岸良 裕司  岸良 裕司  三本木 亮 
202さん 人文・思想   読み終わった 

座右の書を選べと言われると、色々悩みはするもののこの本を選択するように思う。
父と娘の会話を通して、どうすればゴールドラット博士のように考えることができるのかが書かれている。
また、実際の事例を持ちいて彼がどうやってソリューションにたどり着いたのか、追体験できるような作りになっており、彼の考え出したソリューションの根底に流れる概念を読者に理解させ、読者自身がソリューションを見つけられるようになることを願って書かれている。

ファクトフルネスにも似たようなことが書かれているが、人間の本能が邪魔をするため、物事や出来事を正しく捉える事は難しい。
そこに対抗するために、私にとってはゴールドラット博士の以下の信条が非常に役に立っていると思う。
・人はもともと善良である
・すべての対立は解消できる
・ものごとは、そもそもシンプルである

レビュー投稿日
2019年10月20日
読了日
2019年10月20日
本棚登録日
2019年10月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ザ・チョイス―複雑さに惑わされるな!』のレビューをもっとみる

『ザ・チョイス―複雑さに惑わされるな!』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする