どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門

  • CCCメディアハウス (2019年3月22日発売)
3.48
  • (6)
  • (29)
  • (17)
  • (6)
  • (3)
本棚登録 : 215
感想 : 28
4

ポモドーロ・テクニックというと「キッチンタイマー使うやつね」ぐらいの認識しかなかったのですが、こちらの本によるとベースはもちろん25分作業して5分休憩を繰り返し、4セット後に大きく休憩するという一般的に知られているテクニックですが、その白眉は作業見積もりの精度向上と、作業中断に対する意識向上にあるようです。

作業見積もりの精度向上のため、作業に何ポモドーロかかりそうかを予想し、作業を進めるうちにその予想を修正し記録、実際完了するまでにかかったポモドーロ数も記録し作業終了後や、一日の終わりに見直すことによって、見積もり制度の向上を目指しています。

作業は「今日やることリスト」を作成しそこに記録を残しながら行います、作業中断については、ポモドーロ中に発生した内的中断(あ、そういえばアレやんなくちゃと思いつくことなど)と外的中断(Slackで偉い人からなんかめんどい質問が来る場合など)は発生した段階で、数秒以内に内容を「仕事の在庫」リストか「予定外か緊急」リストに書き出し、ポモドーロを中断して対応するかを判断します。
ちなみにポモドーロを中断した場合、再開時のポモドーロタイマーは25分からになります。ポモドーロテクニックが対象としているような仕事をしている人は、作業を中断してしまうとその状態に復帰するのに思いの外コストがかかることは納得なのではないかと思います。これが作者がポモドーロは分割できない作業の原子だと言っている意味だと理解しています。

まぁ、実際これやってみると初めの方は一日1~2ポモドーロしかできないだろうなと予想しています。近年の仕事環境はほんとにインタラプトが多いので。

また、8ポモドーロを超える場合は作業を分割し、1ポモドーロに満たない場合は作業を組み合わせる等のルールも一つの指標として使えそうだと思いました。

後は、私が紙のメモが嫌いなのでどうやってデジタル化するかを考えないといけないですね。Notionだと、一つのノートに複数表が作成できるので予定リストと、作業時に使う今日やることリストを作成してうまいことできそうな気もしますが、

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 実用書
感想投稿日 : 2023年2月5日
読了日 : 2023年2月5日
本棚登録日 : 2023年2月5日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする