NO推理、NO探偵? (講談社ノベルス)

2.88
  • (1)
  • (6)
  • (8)
  • (7)
  • (2)
  • 本棚登録 :72
  • レビュー :16
著者 : 柾木政宗
サラさん ミステリ   読み終わった 

絶対にオススメしない。以上。で終わりたいところである。

メタフィクションにメインテーマに書かれた本作。個人的には、メタのいじり具合は、ありです。ハードボイルドのくだりは笑ってしまった。

読み終えて、やりたいことはわかったし、そういう作家がいることは、本ミスファンは多いに大歓迎すると思う。

帯はいけなかった。賞賛も激怒もそんな別に…

なにがいけなかったのか?やりとりが寒い、探偵と助手のキャラ分けがない、そもそもくだらない…そんなことは置いといて…笑
ツッコミがいけないのではないかと思う。ほぼ全てツッコミが下手くそである。テンションでツッコむのではなく、冷静にクールなツッコミで、例えツッコミのような言葉遊びで返せば、小説でしかできない会話が出来たのではないだろうか?

それと、やろうとしてることは、早坂吝がやってる。そこがマイナスだった。

お笑いの才能はないかもしれませんが、絶対に本ミスの革命児になりそう。そんな予感がする本作。とりあえず読みましょう。そして語る仲間を増やしたい笑。

レビュー投稿日
2017年10月10日
読了日
2018年1月11日
本棚登録日
2017年10月2日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『NO推理、NO探偵? (講談社ノベルス)』のレビューをもっとみる

『NO推理、NO探偵? (講談社ノベルス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする