腹を割ったら血が出るだけさ

著者 :
  • 双葉社 (2022年7月27日発売)
3.29
  • (72)
  • (139)
  • (206)
  • (73)
  • (29)
本棚登録 : 3477
感想 : 217
3

物語に入り込むまで少し時間がかかりました。ほんとうの自分を求めて小説の世界をなぞる茜寧が読んでいて胸が苦しくなりました。

茜寧から見ると周りの人たちは自分らしく生きていて羨ましく映るかもしれないけど、きっと友達だって常にほんとうの自分を見せていないと思う。

最後に茜寧が影響を受けた【少女のマーチ】の作者、小楠なのかさんについて。
私はもしかしたら住野よるさんの他の著書「また、同じ夢を見ていた」の主人公なのでは?と感じました。物語での話し方や半野良を惹き付けることにもしや?と感じています。あくまでも私の感想です。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2024年6月19日
読了日 : 2024年6月19日
本棚登録日 : 2024年6月19日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする