新・動機づけ研究の最前線

4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 4
poyoriさん  未設定  読み終わった 

行動する能力を持っていても、常にその行動をとるとは限らない。能力と遂行の間を埋めるのが動機づけというプロセス
研究の紹介が主で本としては正直読み進めにくい。



内発的動機づけが外発的なものに変化させられると、内発的動機づけが低下してしまう。自立性
有能感が高まると、内発的動機づけが高まる、解釈による
アンダーマイニング効果は、報酬が形あるもので予期されたときに生じやすいが面白くない知識を記憶することに対しては報酬が効果的

先行要因:対人的、社会文化的、物理的
動機:要求、欲求、認知(価値付け、目標、期待、信念:思い込み)、情動、選好
表出
結果

期待×価値モデル:動機づけの強さ
価値(興味、達成、利用、コスト:負の価値)
期待(成功期待)

固定理論:パフォーマンス目標(能力が低いと判断されるのをさける)
増大理論:マスタリー目標(能力を伸ばすことが目標):ワーキングメモリの容量の使用が促される
志向性は増大理論の方がいい

ポジティブ:成功接近
ネガティブ:失敗回避

レビュー投稿日
2020年9月30日
読了日
2020年9月30日
本棚登録日
2020年9月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新・動機づけ研究の最前線』のレビューをもっとみる

『新・動機づけ研究の最前線』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする