コーヒーと小説 新装版

制作 : 庄野雄治 
  • millebooks (2021年11月17日発売)
3.50
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 71
感想 : 3
4

コーヒーの話は一切ないけど、コーヒーのお供にオススメの1冊。
文豪たちのメジャーではない作品が収録されているので、近代文学に興味がある人にもオススメ。

芥川龍之介・太宰治・宮沢賢治・二葉亭四迷・田山花袋・江戸川乱歩・国木田独歩など(順不同)
といった文豪が並ぶ短編集。

近代文学の言葉使いの上品さが心地よい作品ばかりで、優雅な読書体験ができました。
坂口安吾の『夜長姫と耳男』は恐怖でゾーッとしましたが。。笑
個人的に気に入ったのは江戸川乱歩『日記帳』ロマンチックな謎が素敵。
何度も読み返したくなる、スルメ本だと思います。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2022年6月11日
読了日 : 2022年6月11日
本棚登録日 : 2022年6月11日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする