悪の教典

3.72
  • (176)
  • (303)
  • (231)
  • (55)
  • (17)
本棚登録 : 1711
レビュー : 356
著者 :
251。ナオミ。さん 小説   読み終わった 

『悪の教典』
貴志裕介

 舞台は町田市の高校晨光高校。最近だと 三浦しおん(2006)『まほろ駅前多田便利軒』文芸春秋など町田駅周辺が小説の舞台になっている様だ。あのごちゃごちゃした街だからこそだろう。
 キーワードである三文オペラの「モリタート」もちろん、マック・ザ・ナイフは蓮見聖司へと連想させる。
 カラスのフギンとムニン。フギンは思考、ムニンは記憶を表す。一章の終わりでフギンを蓮見は殺すが、暗喩ととれるだろうか?
 町田リス園 p175
秦野中井I.C p182

 ペーパーバック版にて読了

レビュー投稿日
2013年12月24日
読了日
2013年10月13日
本棚登録日
2013年10月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『悪の教典』のレビューをもっとみる

『悪の教典』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする