寄生獣(8) (アフタヌーンKC)

3.99
  • (115)
  • (48)
  • (109)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 761
レビュー : 24
著者 :
aoiさん 漫画(作者あ行)   読み終わった 

第46〜51話収録。
本作の怒涛の展開に思わずのめり込みつつ読んできたが。最高潮に惹きつけられたのが、48話の田村玲子の最期だった。きっと本作の読者、誰もがそう感じるのではないだろうか。新一の心境も素晴らしい。ミギーの一部を取り込んでから、人間らしさが無くしていることにとても悩んでた彼。やっと、やっと救われたんだね。思わず頁をめくるの止めてしまうほど、とても感動した。49話の、殺人鬼である浦上も強烈な人物だが、彼女の事件の直後のせいで少し霞む。さて、広川のいる東福山市に乗り込もうとする警察。失敗しそう。村野の一言が良い。

レビュー投稿日
2014年10月17日
読了日
2013年10月2日
本棚登録日
2014年10月17日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『寄生獣(8) (アフタヌーンKC)』のレビューをもっとみる

『寄生獣(8) (アフタヌーンKC)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『寄生獣(8) (アフタヌーンKC)』にaoiさんがつけたタグ

ツイートする