すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)

3.96
  • (73)
  • (130)
  • (57)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 1041
レビュー : 128
著者 :
310jpさん ビジネス書・自己啓発・教養   読み終わった 

とても参考になった。

以下、キーワード抜粋。

やりたきゃやれ。
それを制限してるのは我慢しているのは自分。
我慢が美徳だと、我慢の先に得た物が美しいというのを刷り込んだのは学校。
アクセルを踏みながらブレーキをベタ踏みしている。
学校は歴史を辿ると使いやすい労働者を大量生産するための工場。
お勉強と学びは違う、学びは没頭すること、学びの本質は没頭。
貯金型思考になっていないか、未来なんてわからない。
手抜きでやりたいことの時間を作れ

レビュー投稿日
2019年1月14日
読了日
2019年1月14日
本棚登録日
2019年1月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『すべての教育は「洗脳」である 21世紀の...』のレビューをもっとみる

『すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする