イギリス海岸

著者 :
  • 青空文庫 (2010年10月24日発売)
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 2
4

「イギリス海岸」、それは本当の海ではなく、岩手県花巻市にある北上川の岸。 当時農学校の先生をしていた賢治と、その生徒たちが呼んでいたあだ名であり、彼らにとって大切で特別な場所。
賢治は幼少期に、「石っこ賢さん」と呼ばれるほど、石や地質に興味があった。そして、農学校で教師をしながら、詩や童話のたくさんの作品を書き上げてきた。この作品は、そんな賢治と生徒たちとの農場実習での体験の話であり、空想を含まない実話が書き記されたものである。普段通りに実習をしていたが、ある日、一人の生徒が岸で足跡を見つけた。彼らは夢中になって足跡の化石の採収を試みるのである。実習の話のみでなく、イギリス海岸に広がる賢治の愛した自然と、花巻のありのままの姿が描かれている暖かい作品。わくわくする生徒たちの様子と、ゆったりとした田舎の時間の流れがどこか心地いい。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2020年10月19日
読了日 : -
本棚登録日 : 2020年10月19日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする