悪意 (講談社文庫)

3.61
  • (1022)
  • (1917)
  • (2608)
  • (278)
  • (51)
本棚登録 : 15349
レビュー : 1472
著者 :
那月さん  未設定  読み終わった 

3時間半ほどで読了。読みやすく夢中になれる。面白かった。東野圭吾さんの作品で、タイトルに惹かれて読んでみた。
基本的に登場人物の記録と言うような形で話が続いていく。半分も行かぬうちに犯人が特定されたときは、あれ?展開はやいな??って思ったけどそこからが本番だった。
最後まで読んだあとは、えぇ…という普通のミステリーとかでは釈然としないような展開だと感じた。だが、タイトルにもなっている悪意は、わたしも誰かに抱いたことのある感情であるし、きっと殆どの人が抱く感情であり、共感することができるものであった。登場人物への印象が、どんどん変わるのでこちらの心も困惑した。

レビュー投稿日
2019年6月16日
読了日
2019年6月16日
本棚登録日
2019年6月16日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『悪意 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『悪意 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする