水のまなざし

2.74
  • (2)
  • (3)
  • (4)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 49
レビュー : 13
ななえさん 文芸書   読み終わった 

ピアニストを志す真琴は、声帯を傷め、声が出なくなってしまう。熾烈な競争から脱落し、目的を見失った真琴は、母の故郷に赴く。

音楽の知識は皆無ですが、へーほーっという場面があり、楽しめました。
ただ、あらすじにあるような青春さはあまりなかったです。完全に感情移入を狙う青春小説ではなく、現代文学によくある描写、主人公と読者の距離感でした。それがかえって真琴の性格にあっているようで、読みやすかったです。

レビュー投稿日
2013年11月7日
読了日
2013年11月7日
本棚登録日
2013年11月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『水のまなざし』のレビューをもっとみる

『水のまなざし』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする