始皇帝 中華統一の思想 『キングダム』で解く中国大陸の謎 (集英社新書)

3.78
  • (12)
  • (37)
  • (22)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 262
レビュー : 24
著者 :
マルレラさん 新書   読み終わった 

キングダムという漫画を介して、秦国が中華を統一するに至った理由から、その後の中華の政治的な歩みについて考察した本でした。

秦は従来の氏族制度を否定し、法家思想を導入することで徹底的な法治国家を築き上げた。

キングダムを読んでから本書を読むと、時代背景が理解でき、よりキングダムを深く知ることになったので良かったです。ただ、本書後半は、秦滅亡以降の話題になったので、必然的にキングダムに関連した話題が少なくなってしまったのが残念でした。

改めてキングダムを読み直したくなりました。

レビュー投稿日
2019年11月16日
読了日
2019年11月16日
本棚登録日
2019年11月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『始皇帝 中華統一の思想 『キングダム』で...』のレビューをもっとみる

『始皇帝 中華統一の思想 『キングダム』で解く中国大陸の謎 (集英社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする