星の子 (朝日文庫)

3.39
  • (15)
  • (46)
  • (62)
  • (8)
  • (7)
本棚登録 : 1032
レビュー : 73
著者 :
ことぶきジローさん 日本   読み終わった 

今村夏子『星の子』朝日文庫。

穂高明の小説のような味わいの作品。野間文芸新人賞受賞、芥川賞と本屋大賞ノミネートということで期待したのだが……絶讚される理由が解らぬ。穂高明の一連の作品の方がどんなにか面白く、深みがあることか。

こういう賞は評論家先生や気合の入った書店員により選考されるためなのか、どちらかと言えばエンターテイメント嗜好のど素人の自分には理解しがたい作品が多い。

主人公の中学三年生の林ちひろは幼少から病弱で、ちひろを救いたいという両親は怪しい宗教にのめり込む。次第に家族の形をも歪める怪しい宗教……

本体価格620円
★★★

レビュー投稿日
2020年1月27日
読了日
2020年1月27日
本棚登録日
2020年1月27日
16
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『星の子 (朝日文庫)』のレビューをもっとみる

『星の子 (朝日文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする