介護士K (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA (2020年12月24日発売)
3.62
  • (3)
  • (14)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 112
感想 : 15
5

久坂部羊『介護士K』角川文庫。

介護施設を舞台にしたミステリー・サスペンス。2014年に川崎の老人ホームで実際に起きた事件に着想を得ているようだ。

介護という厳しい職場の闇と行き過ぎるマスコミの報道。老いて、身体が思うように動かなくなり、他人の手を煩わせてまで生きることに意味はあるのか。

タイトルの『介護士K』とは主人公の小柳恭平のことであり、彼が働く介護施設『アミカル蒲田』で起きた入居者の転落死亡事故に彼が関与したのかということが物語の根幹を成している。なかなか真実は明らかにならぬままにストーリーは二転三転し、第2、第3の死亡事故が起きる。果たして恭平は……

本体価格720円
★★★★★

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 日本
感想投稿日 : 2021年1月8日
読了日 : 2021年1月8日
本棚登録日 : 2021年1月6日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする