日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)

4.30
  • (466)
  • (346)
  • (125)
  • (16)
  • (8)
本棚登録 : 3116
レビュー : 444
著者 :
ことぶきジローさん 日本   読み終わった 

森下典子『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』新潮文庫。

著者の25年間に亘る『お茶』のお稽古と様々な気付きによる精神的な成長に触れ、読み手の心や魂、精神までもが清められていくような作品だった。読んでいて、心地よく、ゆったりした気分になるのだ。四季や自然と共に育まれる『お茶』の世界……深い。

森下典子と言えば、ドラマにもなった『典奴どすえ』を書いた方。あれから余り作品に触れる機会は無かったが、最近『いとしいたべもの』を読み、知らぬ間に素晴らしいエッセイストになられていたことに驚いた。やはり『お茶』だろうか。

レビュー投稿日
2019年2月9日
読了日
2019年2月9日
本棚登録日
2019年2月6日
17
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15の...』のレビューをもっとみる

『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする