ピルグリム〔1〕 名前のない男たち (ハヤカワ文庫 NV ヘ)

4.07
  • (54)
  • (57)
  • (32)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 385
レビュー : 49
制作 : 山中 朝晶 
ことぶきジローさん 海外   読み終わった 

全3巻から成るスパイ冒険小説。噂に違わず、非常に面白い。第1巻から濃厚な描写に物語に深く引き込まれた。

この巻では、アメリカの諜報機関を引退した『私』と孤高のテロリスト『サラセン』の過去と背景が交互に描かれ、これから展開されるであろう二人の闘いを大いに期待させる内容だった。

テロの標的をアメリカに定めた『サラセン』、期せずしてアメリカへのテロ攻撃を阻止するために過激な闘いの場に復帰した『私』。二人の闘いの結末は…

レビュー投稿日
2015年1月5日
読了日
2015年1月5日
本棚登録日
2015年1月4日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ピルグリム〔1〕 名前のない男たち (ハ...』のレビューをもっとみる

『ピルグリム〔1〕 名前のない男たち (ハヤカワ文庫 NV ヘ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする