リアスの子 (光文社文庫)

4.18
  • (6)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 5
著者 :
ことぶきジローさん 日本   読み終わった 

東北の港町を舞台に問題児の女子中学生を更生させようと奮闘する若き教師を描いた爽やかな物語。

仙河海市の中学校に転校してきた問題児の早坂希を更生させようと中学教師の和也は同僚の教師と様々な努力をするが、彼女は次から次へと問題を起こす。あることをきっかけに和也は希を顧問を務める陸上部に入部させるが…

舞台となる仙河海市は気仙沼市がモデルである。かつて、著者の熊谷達也は気仙沼市で三年間、中学教師を務めていたという。そうすると、主人公の岩渕和也は著者自身がモデルなのかも知れない。

物語の中に登場するジャストはジャスコだし、泰波山は安波山、唐島半島は唐桑半島なのだろう。そして、舞台となる中学校は気仙沼中学校だろう。

レビュー投稿日
2016年2月12日
読了日
2016年2月12日
本棚登録日
2016年2月12日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『リアスの子 (光文社文庫)』のレビューをもっとみる

『リアスの子 (光文社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする