屍人荘の殺人 (創元推理文庫)

3.92
  • (51)
  • (80)
  • (43)
  • (5)
  • (4)
本棚登録 : 895
レビュー : 80
著者 :
ことぶきジローさん 日本   読み終わった 

今村昌弘『屍人荘の殺人』創元推理文庫。

デビュー作にして、各種ミステリーランキングで上位にランクインしたミステリー作品の文庫化。

まさかアレが出てくるとは思わなんだ。奇抜さとミステリーとしての完成度を考えれば高い評価を受けたことにも頷ける。

神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と明智恭介は、同じ大学の探偵少女・剣崎比留子と共に映研の夏合宿に参加するため、ペンション紫湛荘を訪れるのだが、そこで予想外の事件に巻き込まれるというのが前半のストーリー。

大学生が主な登場人物となると、軽めの青春ミステリーになりがちなのだが、明智恭介と剣崎比留子らの大人びた硬い会話が全体を引き締めている。予想外の事件は本当に予想外であり、はるか昔に何の予備知識も無しで観賞して驚愕した、タランティーノ脚本の映画『フロム・ダスク・ティル・ドーン』を彷彿とさせる。

本体価格740円
★★★★★

レビュー投稿日
2019年9月15日
読了日
2019年9月15日
本棚登録日
2019年9月14日
17
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『屍人荘の殺人 (創元推理文庫)』のレビューをもっとみる

『屍人荘の殺人 (創元推理文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする