ヤマケイ文庫 新編 黒部の山人 山賊鬼サとケモノたち

著者 :
制作 : 白日社編集部 
  • 山と渓谷社 (2021年8月14日発売)
4.00
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 2
4

鬼窪善一郎『新編 黒部の山人 山賊鬼サとケモノたち』ヤマケイ文庫。

戦後、北アルプス最奥部で暮らした人びとを描いた伊藤正一の『黒部の山賊』に登場する山賊鬼サと呼ばれた鬼窪善一郎が自らの言葉で語る山の生活譚。

日々、自然を畏敬し、自然から活きる糧を得ながら自然に学び、自然の中で自然と共に暮らす山人の暮らし。我々現代人が失った正しい人間の暮らし方なのかも知れない。

ボッカ、山岳救助、渓流釣り、狩猟と自然と共に活きた鬼窪善一郎の貴重な体験談が本人の語りの聞き書きにより描かれる。

1989年に刊行された作品の復刻。鬼窪善一郎は1914年に生まれ、1996年に亡くなっている。

定価880円
★★★★

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 日本
感想投稿日 : 2021年8月30日
読了日 : 2021年8月30日
本棚登録日 : 2021年8月28日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする