最後の証人 (宝島社文庫)

3.91
  • (112)
  • (231)
  • (112)
  • (15)
  • (5)
  • 本棚登録 :1019
  • レビュー :180
著者 :
ことぶきジローさん 日本   読み終わった 

非常にテンポの良いストーリー展開と上手い仕掛けに夢中になり、一気読み。主人公の弁護士、佐方は途中まで鳴りを潜めているのだが、終盤に表舞台に出て来ると俄然話が面白くなる。

また、物語の中には様々な事件により人生を弄ばれた人物が登場し、読者の気持ちに揺さぶりをかけて来るあたりが上手い。

驚いたのは途中まで法廷で一体誰が裁かれているのか明かされていないこと。可能性のある人物が何人か登場する。被告が誰か解った時から事件は大きく動き、一気に結末へと盛り上がりを見せる。

『臨床真理』も面白かったが、この作品も非常に面白い。

レビュー投稿日
2013年2月25日
読了日
2013年2月25日
本棚登録日
2013年2月24日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『最後の証人 (宝島社文庫)』のレビューをもっとみる

『最後の証人 (宝島社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする