ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 (新潮文庫)

3.90
  • (213)
  • (264)
  • (269)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 1844
レビュー : 205
制作 : Stephen King  浅倉 久志 
nerucoさん 小説(海外)   読み終わった 

以前、映画「ショーシャンクの空に」を見た時にそちらの原作だけ読んで「ゴールデンボーイ」は読まなかったのだが、久々にショーシャンクを見てまた読みたくなったのでついでのつもりでページをめくったら止まらなくなった。

怖い、歪んでる、という書かれ方をよくしているが、トッドが特別狂っているとは思えなかった。誰しも怖いもの見たさで残虐なものに興味を示すことはあるだろうし、トッドほど恵まれて自信に溢れた子供ならああいった行動に出てもおかしくないように思えた。
それが正しいか正しくないかは全くの別問題だが。

それにしてもこれを2週間で書き上げるとは……これがスティーヴン・キングかと唸らされた。ただ、恐ろしそうなのでこれを映像で見るのは御免蒙りたい。映像で見るならやっぱり「刑務所のリタ・ヘイワース」がいい。

レビュー投稿日
2013年5月14日
読了日
2013年5月13日
本棚登録日
2013年4月30日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 (...』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする