与謝野晶子の源氏物語 下 宇治の姫君たち (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA (2008年4月24日発売)
4.15
  • (5)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 74
感想 : 4

言葉の理解が上手くいかず、だらだらと読んではいるものの、
内容が心に入ってこないので、今回も苦しみました。
源氏物語との相性がよくないのかな・・
いつか、『全訳 源氏物語 新装版』(全5巻) にも挑戦してみたいと思っています。
著者による、「新源氏物語の後に」は、
最初に出た菊判の金尾文淵堂版にのみ掲載されているものであるという情報が、解説にありました。
それを読むにつけ、与謝野晶子氏の能力と必ずやり遂げるすごさに、改めて感じ入りました。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2012年2月14日
読了日 : 2012年2月14日
本棚登録日 : 2012年2月7日

みんなの感想をみる

ツイートする