蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)

3.74
  • (417)
  • (502)
  • (780)
  • (34)
  • (7)
本棚登録 : 4447
レビュー : 419
著者 :
バイトの愚痴垢ですさん  未設定  読み終わった 

芥川作品は高校時代に現代文で「羅生門」を読んだ以外に手に取ったことがなかったので今回こちらを読むことにしました。

羅生門以外読んだことがないと自分では思っていたのですが、「蜘蛛の糸」や「蜜柑」は有名過ぎるためか私でも「あ〜このお話ね!」となりました。

「杜子春」がお気に入りです。これも漢文でやったようなやってないような。終わり方がいいですね。やはり文豪と呼ばれる方達の作品は一度は読んでおくべきだな、と感じました。

レビュー投稿日
2019年6月20日
読了日
2019年6月20日
本棚登録日
2019年6月16日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする