アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

3.89
  • (3973)
  • (4635)
  • (4416)
  • (401)
  • (103)
本棚登録 : 34254
レビュー : 3171
著者 :
かまぼこさん  未設定  読み終わった 

とても読みやすく、一気に読めた。
どんでん返しモノということは知っていたので、警戒しながら読んでいたにも関わらず、いい具合に騙された。
衝撃!という感じではなかったけれど、「あ〜色々と細かく伏線というか布石が打ってあったのね」とジワジワ感心させられた。読んでてちょっと引っかかっていた部分が伏線だったりしたので、少し悔しい。
主人公の大学生、河崎、ドルジなど男性陣が魅力的に描かれている。
逆に琴美や麗子など、女性陣はあんまり好きになれなかった。琴美は、あだち充の漫画に出てきそうな「正義感溢れる活発なボーイッシュ女子」という感じで少し古臭いし、あまりに危機意識なさ過ぎてイライラさせられた。
最後のコインロッカーのくだりは、なんだかよく分からないお洒落感を漂わせてまとめました!って感じで正直好きではない。これが伊坂幸太郎な感じなのだろうか。
正直、伊坂幸太郎のこういう所がちょっと苦手。
でも全体的に面白く読めたので星4つ。
個人的に「オーデュボンの祈り」が全く合わなくて、「死神の精度」はそこそこ好きだった。
今のところ伊坂作品2勝1敗。
もう少し伊坂作品読んでみようかな、と思わせてくれた作品でもある。

レビュー投稿日
2019年7月17日
読了日
2019年7月16日
本棚登録日
2019年7月16日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文...』のレビューをもっとみる

『アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする