チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)

3.73
  • (986)
  • (1723)
  • (1931)
  • (149)
  • (23)
本棚登録 : 10848
レビュー : 1093
著者 :
3cheers4GIPSさん 最高のエンターテインメント。まず読め!   読み終わった 

ミステリとして最高峰の出来なのはもちろん、細かい描写がしっかりしていて、極上のエンターテイメントに仕上っている。

作者は現役の医者ということで、手術の描写や医療関係の表現が緻密なのは当然としても、容疑者の割り出しに利用されるロジックが秀逸。対象に接する際の態度をアクティブフェーズとパッシブフェーズの2つに分けて、ディフェンシブトークとオフェンシブヒアリングを組み合わせ(役割分担)することで相手の本質を分析してゆく。ときに攻め込み、あるいはさっと躱す。

また、文庫本で上下で読んだ私のような人間は、本当にラッキー。
上巻で主人公だと思われていた、病院でなんとなくうまく立ち回りながらも事件に巻き込まれた愛すべき隠れ熱血漢の田口はなんと、賢いワトスン役だった!下巻で投入される論理モンスターのぶっとんだ天才ホームズ・白鳥はあっという間に主役の座をかっさらい、まさに火の鳥のようにあそこにもここにも火の手があがる。そのパワーたるやすさまじい。切って、ちぎって、投げる投げる投げる!!!

あーもう、ここで解説なんか読んでる暇があったら、さぁ財布を持って本屋へ行こう。
日本人でよかった、今の時代に生まれてよかった!作者の文章をそのまま生で読めて、時代を感じられる幸福。

うぉおい神様、海堂サマ、このサイコーの本を生んでくれて、ありがとう!




・・・・まず、読め!

レビュー投稿日
2009年5月15日
読了日
2009年5月15日
本棚登録日
2009年5月15日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス...』のレビューをもっとみる

『チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする