ちぎれ雲 (講談社文芸文庫 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ))

3.50
  • (1)
  • (10)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 12
3kaijohonさん  未設定  読み終わった 

なんといっても本書の読みどころは、父の臨終の場面です。
「いいかい」・・・「よろしゅうございます」・・・「じゃあおれはもう死んじゃうよ」
この前に、おとうさんが殺されるなら私も一緒に死にたいというやりとりがあって、それは違うと諭される場面があります。死んだら死んだとだけ思え、という父。それではあまりに悲しいですと反発する娘。云いたくても云いきれない思いのやりとり。

レビュー投稿日
2012年2月23日
読了日
-
本棚登録日
2012年2月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ちぎれ雲 (講談社文芸文庫 (講談社文芸...』のレビューをもっとみる

『ちぎれ雲 (講談社文芸文庫 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ))』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする